株式会社太陽テント北陸


お問い合わせ、ご相談は  076-238-4110
事業所のご案内
採用情報
お問い合わせ

 ホーム > 社員紹介 > SK、MI

社員紹介

「自分が作っているものが社会に役立っていることを実感」

工場部 S.K(2014年入社)

 工場では、テント倉庫関連の裁断や土木シートの加工を担当。テント倉庫は、まだ自分で理解しきれていないところもある。ものによっては仕様が違ったり、物件によって図面が違ってくるので、色々先輩に聞いて学びながら仕事をしている。図面を見て、部位ごとに仕上がりをチェックして寸法を割り出し裁断する。物件によっては裁断図がある場合もあるが、仕上がり寸法から逆算して寸法を割り出す。経験が必要となってきます。以前はコンテナバックをつくる工場にいました。自分が作っているものが、どのように使われているか分からなかったのですが、マクマックスの画像を見て、今は自分が作っているものが実際どのように使われ、社会に役立っていることを実感している。まずは、いまやっていることを、ひとつひとつ確実に覚えていく。ということに集中しています。 休みの日は、寝てるか、ゲームしてるか、プラモデルづくりをして、のんびり過ごします。工場長からもらったガンプラをつくってます。コロナ前までは、慰安旅行も忘年会もありました。忘年会のくじで社長賞を引き、ダイソンの掃除機があたりました。以前、コンテナつくる工場でリーダーをやっていた時、納期に間に合わせるため、朝早く出て、夜まで作業をしてた時はきつかったですね。遅れている工程を手伝ったりなど、工程を考えて前段取りをしておかないと間に合わなくなるので。今のテント倉庫は、製品が大きく、ひとりだけではどうにもならないので定時になっています。ベテランの方は先生です。学ぶところがいっぱいありますね。もっと若い人を増やしていって、いつかは、今のベテランの方のように、頼れる存在にならなきゃいけないと思います。

「ベテランの方の技術を習得して次に繋げていきたいです」

工場部 M.I(2015年入社)

 工場では、テント倉庫などのミシン縫製(仕上げ)を担当。細かい部品であれば裁断もします(大きい部品は国田さんが裁断)。縫製は馴れたんですけど、物件によって仕様が違うので、それを間違えないように気を付けています。最初は知らなかったんですが、20m~30mの大きな物件や有名なイベントにも関わっていることを知って、まずは自分の仕事をキッチリとしようと思っています。思ったよりも幅広いことをやっているんだなと思います。 有給がつかえるのが嬉しいですね。結構、みんな使っているので驚きました。稲刈りで休むとか…中島町らしいなぁと思って(笑)時間も定時で帰れるのもいいですね。休日は、旅行が好きでコロナ前はよく行ってました。庭いじりも好きで、親と一緒にDIYもやったりします。 会社に入って、みんなでバスに乗ってアチコチまわる旅行や忘年会があるのにはオドロキでした(笑)。 今だにやったことのない仕事や、数年ぶりやる仕事などは、試行錯誤しながら取り組んでいます。また、結構、年齢が上の方も多く、ベテランの人や枚方工場の人に聞いてみたりしています。ベテランの方を頼りにしています。ベテランの方の技術を習得して、つなげていけるようにしたいです。手作業が多く、技術を受け継ぐことも大事だし、枚方工場のように機械や新しい技術を取り入れ、時代に合ったやり方に自分もついていけるようになれば良いなぁと思います。

左:M.I 右:工場部 S.k

【本社】
〒920-0061
石川県金沢市問屋町2丁目24番地
TEL:076-238-4110
FAX:076-238-4266

お問い合わせ